最新記事一覧

web業界で働くには

サイト

時間を効率よく使う

ちまたにはwebスクールを受講せず独学でwebデザイナーになったクリエイターもたくさんいます。本屋やネットで調べればホームページデザインの教科書から専門的な教科書まで揃っている今、わざわざスクールに通うメリットはなんなのでしょうか。大きなメリットは就職や転職の支援をしてくれることです。授業の中にはポートフォリオ制作を課題としているwebスクールもあり、そのポートフォリオを見た企業が生徒にオファーをかける場合があります。また大学と同じでインターンシップ制度もありそこから就職するという手段もありますので、学生と企業の間接的に仲介役を担ってくれるのです。また専門学校なのでHTMLやPHPなど、実務に必要なスキルを効率よく学んでいくことができます。独学の場合どんなスキルが必要か自分で探していかなければなりませんが、webスクールでは講師陣が本当に必要な基礎から教えてくれます。授業を通してであった講師や同期の生徒と夢を語り合ったりすることも学校ならではでしょうか。web業界は栄枯盛衰が激しいので、プロとなってからも学生時代の仲間や講師と連絡や情報交換をされている人もいます。もしwebスクールへの入学を希望する場合、卒業生が活躍しているか、仕事をしながら通学する場合時間に融通が利くシステムを採用しているか、そして自分がwebの仕事のどの分野で活躍したいかをはっきりさせ、その分野で第一線で活躍した経験のあるデザイナーが教鞭をとっているところを選びましょう。